\ ポイント最大11倍! /

eSIMと物理SIMはどっちがいい?推しはeSIMだけどデメリットも解説

悩むひと

物理SIMとeSIMって何が違うの?

閃く人

今まで物理SIMを使っていたけど最近はeSIMっていうのがあるのか!

海外旅行での通信手段として「物理SIM」と「eSIM」のどっちがいいのか迷っている人向けに、どちらも使ったことがある筆者がそれぞれのメリット・デメリットと、どんな人におすすめなのかを解説します。


eSIM

物理SIM
すぐに使えるかすぐ使えるSIMの到着後
対応機種の多さ古い機種は
不可
ほぼ対応
SIMの入れ替え不要必要
紛失リスクなしあり
データの追加購入できるできない
SIMロック解除必要必要

結論だけ先に伝えると「圧倒的にeSIM!」です。理由が知りたい人は読み進めてくださいね。

フランスに住んだ経験あり&海外渡航歴20か国ほどの僕ですが、ダントツでeSIMが便利です!

目次

eSIMと物理SIMはどっちがいい?結論は「圧倒的にeSIM」

海外でスマートフォンを使うには、eSIMと物理SIM以外にもいくつかの方法があります。

設定の
簡単さ
持ち運びの
身軽さ
値段の
安さ

スマートフォンの
海外プラン

物理SIM

ポケットWi-Fi

eSIM

昔からよく知られている方法がこちらの3つ。
・スマートフォンの海外プラン利用
・海外の物理SIMに差し替え
・ポケットWi-Fiをレンタル

eSIMはこれらと比べて新しいサービス(技術)なので聞いたことがない人も多いかもしれませんが、圧倒的にeSIMをおすすめします

便利すぎて、もう今後はeSIMしか使いません!

eSIMとは?

スマートフォンの本体にあらかじめ埋め込まれたSIMのこと。端末を操作(アプリのインストール・データプランの購入)するだけで、電話やインターネット通信を利用できます。

設定はすごく簡単で物理SIMのように差し替える必要がありません

操作は全てネット上で完結するのでラクチンで、現地でデータ容量が足りなくなった場合の追加も秒で完了。

その上値段も安く、他の方法と比べるとコスパが最強です。

ナオスケ

夫婦での海外旅行時はeSIM一択になっています。

それではeSIMと物理SIMのメリットデメリットについて詳しくみていきましょう。

海外旅行でのeSIMについて

海外旅行でeSIMを使う場合、必要な操作は全てスマートフォン上で完結します。

使い方は利用するeSIMによって若干異なる部分がありますが、ざっくりの手順はこんな感じ。

ざっくりの手順

①eSIMの購入
②eSIMをスマホに取り込む
③現地でeSIMをONにする
④購入したeSIMの回線に切り替え

日本にいる間に購入・設定を済ませておくと、あとは現地に着いたらそれをONにするだけ。

>>海外旅行におすすめのeSIM比較記事へ

eSIMのメリットデメリットについて詳しく解説していきますね。

メリット
>>詳細へ
簡単に設定できる(スマホ内で完結)
荷物にならない・紛失しない
日本で購入しておけ、到着後すぐに使い始められる
容量の追加購入が簡単
デメリット
>>詳細へ
音声通話のできるプランが少ない
口コミが少ないことがある
機種によっては利用できないことがある

eSIMを使うメリット

海外旅行でeSIMを使うを使う主なメリットはこちら。

  • 簡単に設定できる(スマホ内で完結)
  • 荷物にならない・紛失しない
  • 日本で購入しておけ、到着後すぐに使い始められる
  • 容量の追加購入が簡単

個人的にはこれらのメリットが強すぎるので、今後の海外旅行でもeSIMを使うと決めています。

簡単に設定できる(スマホ内で完結)

eSIMの一番の魅力は「設定が簡単でスマホ内で完結する」こと!

設定の簡単さ

スマホの
海外プラン
ネットから手続き
or
海外プランのある
スマホ会社に乗り換え

物理SIM
ネットでSIMを購入
→届く
→差し替える

ポケット
Wi-Fi
ネットで契約して届くのを待つ
/空港で借りる
→スマホに接続
→スマホと一緒に持ち歩く

eSIM
ネットでeSIMを購入
→スマホから設定

例えば物理SIMやポケットWi-Fiは借りてから届くのを待つ手間がかかります。また物理SIMはスマホのSIMを差し替える手間もかかりますね。

契約しているスマホ会社に海外プランがある場合、手続きは簡単!ただしスマホ会社の乗り換えまで必要になる場合は手続きが煩雑です。

これらと比べるとeSIMはスマホからサクッと購入でき、サクっと設定できるのが何よりの魅力です。

荷物にならない・紛失しない

eSIMは荷物にならず、紛失の心配がないのも魅力です。

荷物になるかどうか

スマートフォンの
海外プラン
かさばらない

物理SIM
SIMをなくすことがある

ポケットWi-Fi
ポケットWi-Fiを持ち歩くので
なくすことがある&邪魔になる

eSIM
かさばらない

特にポケットWi-Fiは荷物がひとつ増える状態になるので、なるべく身軽に動き回りたい海外では邪魔になりますね。

また万が一紛失すると、スマートフォンが使えなくなります。右も左も分からない海外でスマホが使えないのはリスクが高すぎますね。

日本で購入しておけ、到着後すぐに使い始められる

eSIMは日本にいる間に購入・設定しておくと、海外に到着後すぐに使い始められます。

値段の安さだけで選ぶとすると、現地でSIMを購入するのが一番安いことがありますが、購入するまではスマートフォンを使えず不便です。

・空港からホテルまでの行き方が分からない
・万が一のトラブルが心配
こんな場合は出国前にeSIMの用意をしておきましょう!

容量の追加購入が簡単

現地でギガ数が足りなくなったときでも、eSIMなら追加購入が簡単です。

またeSIMのデータプランは少ない容量から購入できるものが多いので、必要な日数分・ギガ数分だけ購入できるのもおすすめポイントです。

eSIMを使うデメリット

一方海外旅行でeSIMを使うを使う主なデメリットはこちら。

  • 音声通話のできるプランが少ない
  • 新しいサービスなので口コミが少ないことがある
  • 機種によっては利用できないことがある

音声通話のできるプランが少ない

eSIMは音声通話のできるプランが少なく、多くがデータ通信のみとなっています。

現地で通話を使う可能性がある場合は、通話のできるプランかどうかを確認しておきましょう。

通話不可のeSIMでも、LINEやSkypeなどのデータ通信で通話するサービスは利用できます。

ちなみに海外旅行によく行きますが、通話は使ったことがありません。

新しいサービスなので口コミが少ないことがある

使ったことのないサービスの場合は口コミが頼りですが、eSIMは比較的新しいサービスなので、マイナーな国やエリアへの渡航の場合は口コミが少ないことがあります。

口コミは事前に使い心地を知るために重要なので、eSIM以外(物理SIM、ポケットWi-Fi、スマホ会社の海外プラン)を使う場合でも必ず調べておきましょう。

ナオスケ

そういえばアジア旅行にスマホ会社の海外プランを使用し、全く繋がらなかったという友人がいました。怖い。

機種によっては利用できないことがある

古いスマートフォンを使っている場合、機種によってはeSIMを使えないことがあるので要注意です。

例えばiPhoneなら、iPhone XS・XR以降の機種がeSIMに対応しています。

androidに関しては種類が多いので、それぞれ確認してみてください。(PixelはPixel4以降は全てeSIMに対応)

eSIM対応機種についてはHolafly(オラフライ)のサイトがよくまとまっていますよ。
>>対応機種をチェックする

SIMフリーになっていない場合はSIMロックの解除をすると使えます。

海外旅行での物理SIMカードについて

海外旅行 物理SIM

海外旅行で物理SIMを使う場合、操作自体は難しくありません。

ざっくりの手順

①SIMの購入・到着
②スマホのSIMロックを解除
③SIMをスマホに差し込む
④APN設定を行う(必要であれば)
⑤アクティベートを行う(必要であれば)

むしろスマホ上で操作が完結するeSIMは、機械の設定が苦手な人には不向きかもしれませんね。

それでは物理SIMを使う場合のメリットデメリットについて解説します。

メリット
>>詳細へ
音声通話のできるものが多い
多くの機種で対応している
デメリット
>>詳細へ
SIMが届くまでに時間がかかる
SIMを差す手間・なくす恐れあり

物理SIMを使うメリット

海外旅行で物理SIMを使うを使う主なメリットはこちら。

  • 音声通話のできるものが多い
  • 多くの機種で対応している

音声通話のできるものが多い

記事執筆時点では音声通話のできるeSIMプランはごく少数で、国によっては音声通話のできるプランが見つからない場合もあります。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場で探す
\買うなら今!本日Yahoo!ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

物理SIMであれば、eSIMよりも通話のできるものが多いので、海外旅行中に通話を使いたい場合におすすめですよ。

通話のできる物理SIMは「(国名)+SIM+通話」で検索すると見つかります。
>>Amazonで探してみる

多くの機種で対応している

古いスマートフォンを使っている場合、機種によってはeSIMを使えないことがあるので要注意ですが、物理SIMならほぼほぼの機種で対応しています。

ナオスケ

eSIMが使えない古い機種をご使用の場合は、物理SIM一択ですね。

eSIMの対応機種についてはHolafly(オラフライ)のサイトがよくまとまっていますよ。
>>対応機種をチェックする

物理SIMを使うデメリット

海外旅行で物理SIMを使うを使う主なデメリットはこちら。

  • SIMが届くまでに時間がかかる
  • SIMを差す手間・なくす恐れあり

SIMが届くまでに時間がかかる

ネット上で購入が完結するeSIMとは異なり、物理SIMは商品(SIM)が手元に届いてからでないと使えません。

例えば旅行の前日・当日朝に「SIMの用意を忘れていた!」となった場合、物理SIMのネット購入だと間に合わないので注意しましょう。

SIMは現地空港でも購入できます。

SIMを差す手間・なくす恐れあり

物理SIMはその名の通り、SIMのチップをスマートフォンに差して使うものです。

現地に着いてからSIMを差す手間、そして差す前に紛失する恐れがあることを頭に入れておきましょう。

まとめ|物理SIMかeSIMどっちか悩んだらeSIMがおすすめ

海外旅行での物理SIMとeSIMについて、メリットデメリットを解説しました。


eSIM

物理SIM
すぐに使えるかすぐ使えるSIMの到着後
対応機種の多さ古い機種は
不可
ほぼ対応
SIMの入れ替え不要必要
紛失リスクなしあり
データの追加購入できるできない
SIMロック解除必要必要

個人の結論としては「圧倒的にeSIMがおすすめ」。

とはいえ古いスマホ機種を使用している場合(eSIM非対応機種)は物理SIM一択。またスマートフォンの設定があまりにも苦手な場合は物理SIMの方が安心かもしれません。

国別のおすすめeSIMはこちら

esim 物理sim どっち

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次