価格高騰・円安でもヨーロッパ新婚旅行を楽しむために|マイルとポイント

  • URLをコピーしました!

こんな状況下ですが、しっかり情報収集をした結果、ヨーロッパ旅行に行くことに決めました!(2023年のGW)

気になる点は「物価高騰」「飛行機のサーチャージ高騰」です。

まともに旅行するとかなりの費用がかかる時期なので、なるべくお得に旅行するための準備・工夫を始めました

ナオスケ

これから海外新婚旅行に行く方に、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。(問い合わせ、コメントお気軽にどうぞ!)

目次

コロナ禍・物価高騰禍でのヨーロッパ旅行を楽しむために

ロシアウクライナやコロナの影響で物価や燃油が高騰している上に、今は1ドル140円の円安です。
お金の面から見ると海外旅行には不向きな時期ですね。

少しでもお得に旅行する工夫をしないと破産しちゃう!
いうことで、こんな工夫をすることに決めました。

  1. 日本ーヨーロッパの往復はマイルを使う
    ークレジットカードで貯める
    ーポイントサイトも利用
  2. 滞在するホテルはヒルトン/マリオットの無料宿泊・ポイントを活用する
ナオスケ

他にもあればぜひ教えてください・・・!死活問題です!笑

①マイルを貯めて飛行機代を浮かす

ヨーロッパ旅行でかかる一番大きな費用が「飛行機代」ですね。

大人2名で羽田ーパリの往復(直行便)をする場合にかかる費用を出してみました。(ANA)

※2022.9.7日現在、日程は2023年GW

ナオスケ

往復55万・・・ひえっ・・・

ナオスケ夫

え!?数年前はこんなんじゃなかったよ!(一時期フランスに住んでた)

詳しく内訳をみてみると、サーチャージ(燃油特別付加運賃)がびっくりするぐらい高騰しています。
ニュースにもなりました。

サーチャージ値上げのニュース:NHKWEBより

JALやANAのサーチャージが値上がりするときは事前にニュースやお知らせに出るので、今後海外旅行を計画している方は注力しておきましょう。(サーチャージは予約時点のものが適用される

マイルを使ってお得に海外へ

往復55万円はいくら新婚旅行といえどちょっと厳しい。

ナオスケ夫

ということで、新婚旅行のためにマイルを貯めることにしました!

日本~ヨーロッパ間の往復で必要なマイルはこんな感じ。

ANA|羽田ーパリ

スクロールできます
ローシーズンレギュラーシーズンハイシーズン
エコノミー45,00055,00060,000
プレミアムエコノミー67,00077,00082,000
ビジネスクラス80,00090,00095,000
ファーストクラス165,000165,000180,000
ANA公式|シーズン・必要マイルチャートより

ANAの場合安い時期で45,000マイル(二人だと90,000マイル)、高い時期で60,000マイル(二人だと120,000マイル)あれば、無料でヨーロッパへ行くことが叶います。

ブリティッシュエアウィズ|羽田ーロンドン

スクロールできます
オフピークピーク
エコノミー39,00060,000
ビジネスクラス150,000180,000
ファーストクラス204,000240,000
https://www.mile-tokutoku.com/redeem/BA_redeem_partner.htm#offpeak-baより

イギリスの航空会社、ブリティッシュエアウィズを利用すれば、安い時期で39,000マイル(二人だと78,000マイル)、高い時期で60,000マイル(二人だと120,000マイル)あれば、無料でヨーロッパへ行くことが叶います。

ナオスケ夫

ブリティッシュエアウィズを利用し、二人で78,000マイルを新婚旅行までに貯めたいと思います!

マイルを貯める方法は主に2つ。

  1. クレジットカードで貯める
  2. ポイントサイトで貯める

それぞれ解説していきます。

①クレジットカードでマイルを貯める

クレジットカードでマイルを貯めるには、マイルが貯まりやすいカードを使うことが一番の近道です。

ANAやJALなど航空会社提携のカードの他、こんなカードもあります。

Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードより

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、旅行・旅好きの方に人気があります。

同様にマイルを貯めやすいANAカードやJALカードとの違いは40社以上のマイルに交換ができるところです。

海外旅行に行く際は海外の航空会社(ヨーロッパならブリティッシュエアウィズなど)を利用するほうがお得なことが多いですが、このカードでポイントを貯めていけば交換できます。

ナオスケ夫

新婚旅行のマイル捻出はキミに任せた!

  • ポイントの貯め方:100円のお買い物で3ポイント
  • マイル交換レート:3ポイント=1マイル
  • 年会費:49,500円

マリオットボンヴォイのアメックスは紹介から作るのが一番お得です。

今なら紹介ポイントが88,500ポイント!(入会後3か月以内に75万円以上利用)

ナオスケ

身近にこのカードを使っている人がいない場合は私から紹介できるので、ブログのお問い合わせよりご連絡ください!(申込者様の情報は私には入ってきません。匿名で紹介できます。)

私も紹介からこのカードを作りました。

3か月以内に75万円以上利用すると、88,500ポイントゲット

これはマイル換算すると34,500マイル。
(100ポイント1マイル&60,000ポイントまとめて交換で+5000マイル)

なんとカードを作るだけでほぼ一人分の往復のマイルが手に入ります

ナオスケ

年会費49,500円は高いと思いましたが、カードを作るだけで片道約30万円する航空券が手に入ることになるので、これはめちゃめちゃお得です・・・!

足りない分は日々の決済(100円で3ポイント=1マイル)で貯めていく&ポイントサイトの活用がおすすめです。

②ポイントサイトでマイルを貯める

ネットショッピングで経由したり、銀行・証券口座を開設したり、アンケートやゲームによってポイントを貯められます。

そしてこのポイントをマイルに交換すれば、足りないマイルを補充することができます

二大ポイントサイト比較

スクロールできます
モッピーハピタス
貯め方ショッピング、アンケート、モニター、ゲーム、クリック、アプリダウンロード、クレジットカード作成、口座開設、資料請求ショッピング、アンケート、モニター、ゲーム、クレジットカード作成、口座開設、資料請求
現金に交換
(金融機関)
楽天、ゆうちょ、三井住友、みずほ、三菱UFJ、その他銀行・信用金庫、ペイペイ銀行、PayPal、GMOあおぞらネット銀行、セブン銀行ゆうちょ、三菱UFJ、三井住友、みずほ、全国の地方銀行、りそな、ジャパンネット銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、GMOあおぞらネット銀行、そのほかの金融機関
交換先
(マイル、交通)
マリオットボンヴォイポイントJALマイレージ、Suica、PASMO、ICOCA、Kitaca、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん
交換先
(ポイント)
Pontaポイント、FamiPayギフト、auPAYギフトカード、WAONポイント、nanacoポイント、LINEポイント、Tポイント、PayPayポイント、楽天ポイント、dポイント楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Pontaポイント、nanacoポイント、JALマイル、PayPayポイント
交換先
(ギフト券)
Amazonギフト券、Appleギフトカード、Google Playギフトカード、31アイスクリーム、サンマルクカフェ、上島珈琲店Amazonギフト券、Appleギフトカード、Google Playギフトカード
交換先
(他社ポイントサイト)
PeXドットマネーGポイントPeXドットマネーGポイント
交換先
(仮想通貨)
ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコイン、リアルエステートコイン
詳しく見てみるMoppyハピタス
※交換先の一部です

どちらもユーザー数が多くてポイントが貯めやすいおすすめのポイントサイトですが、新婚旅行資金としてポイントサイトを利用する場合はモッピーがおすすめ!

ナオスケ

ハピタスのポイントはマイルに交換できませんが、モッピーのポイントは直接マリオットボンヴォイポイント、JALマイルに交換できるんです!

上でも紹介しましたが、マリオットヴォンヴォイポイントは40社以上のマイルに交換ができます

つまりANA、JALの枠にとらわれず、様々な航空会社のマイルに変換することができますね。

ナオスケ夫

僕は20,000ポイント、妻は8,000ポイント貯まっているので(1モッピーポイント=1マリオットポイント)、9,300マイルがここから捻出できます!すご!

ちなみにモッピーでもハピタスでも他社ポイントのPeX、ドットマネー、Gポイントに交換すれば、それぞれANA、JALマイルに交換することは可能です。

モッピーは紹介コードを使って登録するとお得です。

身近なお知り合いにモッピーユーザーがいない場合は、私のコードをご活用ください!(以下ボタンから登録で経由完了)(私にも300P入ります)

\ 紹介特典ゲット /

ナオスケ

上手く経由できなかった場合は紹介コード:kSh5e1ccを使ってくださいね。

ヒルトン/マリオットの無料宿泊・ポイントを活用する

またまたクレジットカードの紹介になってしまいますが、ヒルトングループやマリオットグループは世界にホテルを展開しています。もちろんヨーロッパも。

それぞれクレジット決済でポイントが貯まり、そのポイントを使ってホテルに宿泊することができます

また継続して使うことで「無料宿泊特典」をゲットすることもできます。

ナオスケ夫

海外の一等地にある高級ホテルにポイントや無料で泊まれるなんて・・・!

スクロールできます
ヒルトン系列
ーヒルトン
ーコンラッド
ーダブルツリー など
マリオット系列
ーリッツカールトン
ーセントレジス
ーWホテル
ーマリオット
ーシェラトン などなど
イギリス
スペイン
フランス
ドイツ
イタリア
オーストリア
ギリシャ
フィンランド
イスタンブール
など
アイスランド
アイルランド
イタリア
オーストリア
オランダ
ギリシャ
クロアチア
スイス
スウェーデン
スペイン
ドイツ
フランス
フィンランド
イギリス
などなど
ヨーロッパにあるホテル

マリオットは値段ピンキリで色んな名前のホテルブランドを保有しており、かなり数が多いです。

ヨーロッパにあるホテル数はヒルトンの方が少ないですが、主要国・主要都市を狙って建ててあるので、観光に便利なものばかり。

クレジットカード比較

スクロールできます
年会費家族カードホテル
ステータス
無料宿泊

ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エキスプレス
・カード
16,500円1枚目無料ヒルトン・オナーズ
ゴールドステータス
150万決済と継続で1泊

ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エキスプレス
プレミアム・カード
66,000円3枚まで無料ヒルトン・オナーズ
ゴールドステータス

200万決済で
ダイヤモンドステータス
継続で1泊

300万決済でもう1泊

Marriott Bonvoy
アメリカン

・エキスプレス・カード
23,100円1枚目無料シルバーエリート

100万決済でゴールドエリート
150万決済と継続で1泊

Marriott Bonvoy
アメリカン・エキスプレス
・プレミアム・カード
49,500円1枚目無料ゴールドエリート

400万決済で
プラチナエリート
150万決済と継続で1泊

ヒルトンアメックスもマリオットアメックスも、通常カードとゴールドカードがあり、それぞれ特典や年会費が異なります。

ナオスケ

我が家は私がマリオットアメックス、夫がヒルトンアメックス、どちらもプレミアムです。

ナオスケ夫

年会費は高いけど無料宿泊やその他特典で十分回収できる!

ホテル会員の特典

スクロールできます
ヒルトンオナーズ
ゴールドステータス
・朝食無料
・レイトチェックアウト
・空室状況によりお部屋のアップグレード
・滞在時80%のボーナスポイント
ヒルトンオナーズ
ダイヤモンドステータス
・朝食無料
・レイトチェックアウト
・エグゼクティブラウンジの利用
・空室状況によりお部屋のアップグレード
・滞在時100%のボーナスポイント
マリオットヴォンヴォイ
シルバーエリート
・優先レイトチェックアウト
・滞在時10%のボーナスポイント
マリオットヴォンヴォイ
ゴールドエリート
・空室状況によりお部屋のアップグレード
・午後2時までのレイトチェックアウト
・滞在時25%のボーナスポイント
マリオットヴォンヴォイ
プラチナエリート
・無料朝食
・ウェルカムギフト
・ラウンジ利用
・スイートを含むお部屋のアップグレード
・午後4時までのレイトチェックアウト
・滞在時50%のボーナスポイント
特典の一部抜粋

それぞれのカードは契約や決済金額に応じて、ホテルの会員ステータスが付いてきます。

ヒルトンの方はゴールドステータスから朝食無料がついてくるんですよ!最高すぎません?
またボーナスポイントもマリオットより充実しています。

ナオスケ夫

一番安いお部屋に泊まってもホテルの朝食が無料ですよ。節約になりますね。

マリオットの方はプラチナエリート(プレミアムカードで400万決済)にならないと朝食無料がついてこないので現実的ではありませんが、プレミアムカードの年会費がヒルトンより安い点と、ヨーロッパのホテルが充実している点で強いです。

どちらも新婚旅行前におすすめのカードなので、特典や年会費の違い、ホテルブランドの好みで選んでください。

ナオスケ

いずれのカードも紹介からが一番お得です!
全て紹介可能なので、身近にユーザーがいない場合はお問い合わせよりご連絡下さい!(匿名で紹介できます)

まとめ|お得にヨーロッパ新婚旅行を楽しもう!

以上、マイルとホテル無料宿泊を使って、ヨーロッパ新婚旅行をお得に楽しむ準備についてまとめました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次